FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
フジョシ宣言?
<今日の実験>

今日の朝学校にきたら昨日仕込んでおいた反応内の溶媒が枯れてカチカチになってましたよ・・・orz
微細なパウダーがスリのとこに入り込んでいた模様。
ちゃんとふいて、グリスもつけて、ノビックスまいておいたんだけどなあ・・。

まあ、バクハツする心配はないので大丈夫なのですが、反応がいってるかどうかは五分五分。処理しないとどうなってるか分からないのでドキドキですね。
そんで、その処理もカチコチになってるため、時間がかかってしょうがない。本日は開店休業ですな。

<引越し>

そんな間に引越しですよ。
ああ。もうすぐなのに、まったく片付いてません。
しかも春年(学会。春の例会なのでこういわれる。)挟むので、時間はないというのに・・・。

何せ本(マンガ)が多い。
そうなのです。私は世の中でいうフジョシに近いのです。

本も読むのですが、本は主に図書館から借りてくるので、あまりたまりません。
しかしながらマンガは・・・。

売れないよう・・・・イヤン(>_< )( >_<)イヤン

引越し荷物の半分をマンガが占めそうな勢いです。

↓ブログランキングに参加してます。愛のポッチンお願いします。





スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/16 20:59 】
その他 | コメント(1) | トラックバック(0)
なんですかね。この合理主義は。
全然モチベーションがあがりません。

今日はホワイトデーですね。
思ったとおりうちの男子はそんな行事は無視しています。
うちらはいらないから技官の方にはお世話になっているからあげるようにと注意をしたら、「それならくれないほうがいいのに」といいやがりました。

まあ、言う前からこんな様なことを言われるだろうな・・・と思いつつもしょうがないから言ったわけですが、やっぱり嫌な気持ちになりました。

最近の人々にはついていけません。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/14 20:29 】
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
ある研究者の消滅
<今日の実験>
論文直したりプリンター直したり、もろもろ。

<研究者>
私の研究室の教授は今年度で退官である。
先日、退官記念講演があった。
うちの教授は穏やかで、女生徒受けがいいため、一時期は研究室の女子の数が全体の半数にせまるという大変めずらしい事態になることもあった。さんざん他の先生方にうらやましがられたものである。

しかしながら、私が研究室に入った時はすでに授業の他はまったく何もしないという状況だったので、私としてはイマイチどういう人なのかつかめないでいた。確かにある一分野を築いた人ではあるのだが、その能力も今は見ることはなかった。

しかしながら、他の研究室の人が、「あんなふうにどこにも属さずに俺も生きたい」とうちの教授に対して言っているのを聞いた。

うちの教授は人付き合いがイヤで懇親会も嫌がって出ないため、私としては他の先生も紹介してもらえず、困っていたのだが、確かに研究者としてはそうあるべきなのかもしれない。

最近の研究者は、顔を売って、雇ってもらって、講演して、業績をあげるのも一つのスキルとなっているが、愚直に、研究だけを行うのが本来研究者の特性だったのではないだろうか。そしてそれが許された時代があり、それが許されるだけの能力が教授にあったのだろう。

うらやましくてため息がでるばかりである。
お疲れ様でした。

↓ブログランキングに参加してます。愛のポッチンお願いします。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/09 20:11 】
研究 | コメント(0) | トラックバック(0)
参考文献
<今日の実験>
元素分析用のサンプル作り
およびちょろちょろと確認実験

<論文>
論文を書いていることはちょろちょろとこのブログに載せてきたのですが、この本、最近知りました。

ACS Style Guide


ようはAmerican Chemical societyで発行している論文のスタイルのガイドラインである。←そのまんま

これがなかなかよいのである。ACSのサイト上に同じことが載っているところがあるのだろうが、極めて探しずらい。

最初のほうには論文書くときの心構え?(あいまいな表現は使わないとか基礎的なもの)なんかものっていたりして興味深い。

あとはis known to be は長いのでisにしましょうなんて言い換えの表現なんかも載っていたりするのでありがたい。

私はこれを目当てに読んだのだが、
よく単語を略したときに後ろに.(ピリオド)をつけるが、よく使うものはつけないようにしましょうとかACS独自の推奨がある。
例えば式という単語のequationはeq.ではなくてeqだけでよかったりする。
その一覧表が載っているし、広く認められている略語ものっているので、ここに載っているものは説明をつけなくてもいいだろう。

ACSの論文に出すことが多い人はすべての論文をこれを基準に書いておけば分かりやすいのではないかと思う。

論文初心者にはありがたい本である。そして一回はパラパラ確認しておいて損はないと思う。ってみんな知ってるよね?先生早く教えてよー(T T)


↓ブログランキングに参加してます。愛のポッチンお願いします。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/01 18:59 】
研究 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。