FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
試薬の処理
めったに使わない試薬を使用した後。
古い試薬を処理しなくてはならないとき。

みなさんどうしてます?

先輩が使ったことのある試薬なら、処理の仕方も教わっていると思うので、大丈夫ですよね。

でも、めったに使わない試薬だったら?
そもそもこれは処理してから捨てるべき物?

私もありました。
なんとなくこんな反応すれば中和されて良いだろうー。
と思ったけど、時間がかかったり、中和する試薬の量ががたくさん必要だったりして困ったことがありました。


そんな困った事態に役立ったのがこれ。





この本は何がよいかって
「外観」「物性」「毒性」「性質」「用途」「使用」「精製」「保管」
そして
「廃棄」
がのっているのです。(載っていないのもありますが・・・)

例えば、塩化ベンジル・・こいつは催涙性のすごいやつです。
(後輩が知らなくて、涙しました)

以下、本から転載します。
Benzyl Chloride(塩化ベンジル)
「外観」やや刺激臭のある無色透明液体
「物性」mp,bpなど
「毒性」LD50 1231mg/kg,許容濃度1ppm,催涙性、皮膚および粘膜に対する刺激性が極めて強い。
「性質」水に難溶、エタ、クロホ、エーテル可溶、熱水中では徐々に加熱されてうんぬんかんぬん。
「用途」ベンジル可剤(保護基)
「純度」JIS規格では96%以上であるがうんぬん。
「使用」メガネ、保護手袋をしてドラフト内であつかう
「精製」硫酸マグネシウムまたはーで乾燥後、減圧蒸留
「保管」気密容器に入れ、冷暗所。銅などの金属の混入をさけー。
「廃棄」エタノール性水酸化アルカリで分解後、焼却、あるいはー。
「参考」
「法規」消-4、化審既3-102,3-39

とまあ、結構省略してしまいましたが、こんな感じです。
もちろん過マンガン酸カリウムなど無機物も載ってます。

物によっては「廃棄」のところが焼却ってあっさり書いてあったりしますが、それはそれで、そのまま捨てていいんだー見たいな。
(そのまま捨てるっていっても、ちゃんと廃液として出しますよ。念のため)

このような情報は日本試薬協会のMSDSでも見れるのですが
http://www.j-shiyaku.or.jp/home/msds/
ちょっとめんどくさくて見づらいのが難点です。

こちらの本の方が載っていれば手軽かも。
いろんな試薬を使う研究室の人は役に立つと思うのですが、いかがでしょうか?

ゼヒ一度見てみて下さい。

↓んーじゃ見てみようかなって方はポッチンお願いします。
FC2 Blog Ranking 
スポンサーサイト
【2006/10/11 22:17 】
研究 | コメント(0) | トラックバック(1)
<<ダヴィンチのノート | ホーム | 先が見えない>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pinokono.blog49.fc2.com/tb.php/28-30724cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
過マンガン酸カリウムについて
過マンガン酸カリウム過マンガン酸カリウム(かまんがんさんかりうむ、potassium permanganate)は化学式 KMnO4 の無機化合物で、カリウム (K+) と過マンガン酸 (MnO4&minus;) イオンより構成される。Mn の酸化数は+7、O の酸化数は&minus;2、K は+1 化学物質いろいろ【2007/02/22 13:02】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。