FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ダヴィンチのノート
いまさらですが、レオナルド・ダ・ヴィンチが好きです。
モナリザも好きです。

この人の手稿(ノート)が以前公開されていたので見に行ってきました。

やはり科学の原点は観察からだと再認識させられました。

すごーく細かくびっしりとかいてあるのです。
例えば水の流れ方。川が流れているところに丸い物体、四角い物体などを置いたら水はどのように流れるのか、直前の水が渦をまく様子まで、図入りで細かく観察し記入されています。

実際私たちの研究でも、反応の色、様子、温度など、色々な事が重要な決め手になる時もあります。

どうも反応が行かない時があると思い、ノートをチェックしたら、雨の日ばかりで、湿気のせいだったという話も聞いた事があります。

ついつい慣れると観察を怠ったり、ノートの記入がおろそかになったりしてしまいます。

このダヴィンチのノートのポストカードを時々見て、ノートの書き方を再認識する事にしています。


ダヴィンチは非常に様々な事に興味を持って行なっていました。
機械科学、天文学、生物学、数学から絵画、音楽まで。

現在は色々な事が細分化されてしまってますよね。

研究対象自体がダヴィンチの頃よりもより細かく、難しくなっているため、時間がかかるからなのか・・・。
それとも多くの事ができる才能を持った人が少ないのか・・・。
それとも教養のある人が減ったのか・・・。
それとも一つの事に集中できる人がやり遂げられるのか・・。


大学では学際分野とか聞いたような気がしますが、進んでいるような気はしません。

やはり分野間に大きな壁があるのでしょうか?

私はマルチな人間ではなさそうなので、色々やるのは難しそうです(汗)


↓ダヴィンチコード読んでみようかなって方はポッチンお願いします。
FC2 Blog Ranking 
スポンサーサイト
【2006/10/12 22:15 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<そろそろ | ホーム | 試薬の処理>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pinokono.blog49.fc2.com/tb.php/29-8f9a2c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。