FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
就職は生き方につながるがむずかしい。
まだまだ書き方模索中なので、スタイルが変わりますが、すみません。

<今日の実験>
再結晶→無理。
文献どおりにやっているんだけど、どうしても再現できない。
微妙な条件の差が効いてくるのだと思われる。むむ。

<就職について>
pinokoはただいま就職活動中である。就職活動中といっても最近企業へのエントリーをしてみただけである。
卒論や論文書きのさなかに何かをしようとしてもへっぽこな私は到底無理である。

博士課程後の進路というものは何があるのだろう。知っている人たちばっかりだと思うが、大まかに、ざっくりと(重複してるよね。かなりおおざっぱということ)分けると下のようになる。

1、どこかの大学及び研究所のポスドク
2、企業に就職

たぶん、博士課程まで行く人は1狙いが多いのではないかと思う。
なぜ私が企業に就職したいのかというと、落ち着いて研究がしたいから。ということである。

1のパターンで行くと、どこかのポスドクにはなれるだろう。だが、一度なったとしても何年か後の就職先はまったく未定である。実験の合間や学会で知り合いを増やし、就職活動にいそしむのであろう。

ドクターの数は増えているのに、その先の大学教員のポストは減っているのだから確率はますます減っている。
最近助手ですら任期つきのところも出てきたので、30、40になっても安定した職につけないのである。かなり素敵な大学で、教授が活動的で知り合いもあり、本人もバイタリティにあふれて、結果が出ていればなんとかなるかも知れないが、へっぽこな私としてはなかなか難しいといえよう。

へんないい方ではあるが、むしろ女性のほうがこういう生き方は良いかもしれない。旦那さんがしっかり定職についていれば、ある程度チャレンジングな生き方をしても良いと思うのである。むしろ派遣感覚である。ただここまで来ている方はまじめな人が多いので、そんな軽い考え方にはなれないだろう。そして理解のアル旦那さんが要必要である。(けっこうこれが難しい)

私なんかは金持ちの人と結婚してその資金で私のために研究所を設立してもらって、そして私はそこの研究員('-'*)エヘ なんてものを夢見ているが・・・。ムリムリムリー

お金がない、将来が安定していないというのは思ったよりも精神的にきついものである。博士課程の現在などなおさらそうである。
将来どんな職につくかもわからない(というか職につけるかどうか分からない)、自分がモノになるかも分からない。そして周りの後輩や同期は着々と給料をもらい。たまに会うときはおごってもらっちゃったりなんかするけれども。DSかったー。PSPかったー。沖縄行ったー。とかの話を聞いてると正直奨学金で400万くらいの借金をすでに負うことになっている私はへこむのである。
さらに今年父親が定年を迎えるとなると、なおさら申し訳ない気持ちでいっぱいである。「同年代の人たちはみんな稼いでいるのにねー。どうせなら医者になってくれれば元もとれようがあるのにね。」って両親にことあるごとに攻められたりもするのである。
ってことで精神的に落ち着かないんですよう。

さて、そんなこんなで助手になったとしても待っているのは授業と雑用と言う事を聞かない学生である。(ごめんよう。先生)
自分で実験をしている人もいるが、多くは学生を使い、自分は細々と実験・・・。下手をすればお金を稼ぐためだけに企業から頼まれた実験なんていうのをやらなくてはいけなくなる。

さて、私が憧れていたのは「研究者」である。それはレオナルドダビンチのような、キュリー夫人のようなである。
決して「教育者」ではない。
私の両親はいずれも先生で、その両親や周りから「先生になったほうがいいんじゃないの」と言われても、全て突っぱねてきた私である。
私は自分で考えて自分で実験して証明したいのである。全て私がやりたいのである。今3人ぐらい後輩を抱えて実験をやらせて、卒論でヒーヒー言っているが、それでも全て自分でやりたいぐらいなのである。
まるで田中さんのように生涯一研究者でよいのである。

ただ、会社に就職したとしても、生涯一研究者というのは無理であろう。そこは次回に譲るとして。

<まとめ、上は読みとばしても良いかも>
ああ、とりとめなくなっちゃった。まとめると、30くらいまで将来どうなるか分からないで、薄給で、業績を出すために数稼ぎの論文を出すのは精神的に落ち着かないということである。

続く・・・と思うよ。だらだらと書いてごめんなさい。

↓ブログランキングに参加してます。おこがましいですが・・。






スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/02/03 20:47 】
就職 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<結果が出ないと落ち込むよね。 | ホーム | 突沸>>
コメント
その不安感、わかります!
また、大学院博士課程(しかも留年中)の私にとって、この年になっても経済的に自立できていないことは、本当につらいです。
周りの友人・知人に「研究という立派なことをしているから、いいじゃないか」と言われても、どうしても心苦しく思ってしまいます。
しょうがないんだけどな~。


そうそう、リクエストの「日本の女性研究者」を準備していますよ。
パワフルな「肝っ玉かあさん」を紹介できると思います。


【2006/02/09 00:09】
| URL | メシダ #-[ 編集] |
ですよねー!やってみると結構つらいものですよ・・・そして奨学金をもらっている私は借金もち・・・返せるのか??

肝っ玉母さん楽しみにしてます!
【2006/02/09 21:31】
| URL | pinoko #zFOg1k96[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://pinokono.blog49.fc2.com/tb.php/5-5b5037d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。